2013年11月18日月曜日

人間関係のストレスを溜めずに"脳"をアップデートさせる●裏●思考法

激オコぷんぷん丸になる理由がありました。



From おうちのソファー


どーも、不破です。
今日はよくある人間関係のストレスについてお話します。

「あいつマジうぜー。」
「絶対あの女ゆるさない!」

恋愛関係から仕事の関係、学校と
人間が関わらないことはほぼ無いですよね。

それによって当然ストレスが生まれて、
自暴自棄になったり、モチベーションが下がったりするものです。

僕もそうでした。

調子こいてイジメにあったり、仲間外れになったこととか
経験があります。

そのときにどういう考えをもつのがいいのか。
参考にしてみてください。





今日の一言。

『賢明にそしてゆっくりと。速く走るやつは転ぶ。』byシェイクスピア

最初、読んだときはあんまりピンと来ませんでした。
なぜなら、とりあえず行動すればいいと思っていたから。

でもこの言葉を聞いてなるほどなと考えさせられました。

人っておもしろいもので、
自分が絶好調のときってつい調子に乗ってたくさんの量を
こなしてしますんです。

でも、その調子のいいピークが終わった瞬間、
逆に反動でモチベーションがガクッと下がり、
全然物事に手がつかないことがあります。

実は、心理学的にもデータとして出ているんですが、
長期的に物事を成功させようとしたら、
一気にこなすんじゃなくて、
今日はここまでと決めた方がいいということです。

例えば、腕立て伏せを毎日やるとして、
「おっしゃ、俺は筋肉ムキムキになるぜ!!」

って決めて、
1日300回腕立てを初日からするとします。

でもそういう場合って3日とかで、
「あーもうつらい。。」
ってみんなやめてしまうんです。

逆に、
1日50回でいいから腕立てやろうと決めた場合は
不思議と1ヶ月とかそれ以上続いてしまうものなんです。

短期的思考ではなくて長期的に物事を見る。

それが早く結果を出すコツです。

是非、頭に入れておいてください♪


不破


0 件のコメント:

コメントを投稿