2014年3月10日月曜日

電車の空き時間でやっておきたいコト3,0


不破です、


今日は電車のなかの空き時間を
有意義に使ってほしいと思うので、
ぼくがやっていることをコッソリ伝授します。

正直、これでかなり自分を変えてきたので
あまり教えたくありませんが、
興味もったかたは最後まで読んでいただければ
とうれしいです。

.....

まず、学校とか職場にいく時間が1日1時間として、
往復で一日2時間あると思います。

単純計算で、
週休2日として、5日出勤。

2h(1日)×365日×5/7=500h

なんと、
一年で500時間の「おヒマタイム」が存在します。

ここでほとんどの人は、
ケータイで他人のことを考えているか、
爆睡して「ぼけーっ」としています。

それでは残念ながら、変わりません。
覚えておいて下さい。


『自分に向きあっている時間=未来の実現度』


ホントに自分自身に向き合う時間がすべてなのです。

もう、自分の時間を“ごみ箱”に捨てるようなことは
しないでください。


それでは具体的にいきます。


-------------------------------------
>1、瞑想(イメトレ)
-------------------------------------

瞑想って聞くと、
「はぁ?きもっ」
「なんかの宗教ですか?」
「あなたは、お坊さんですか??」

怪しさ満点ですので、5才の姪っ子に
よくバカにされます(笑)

でも、かなりの効果があります。

丹田式呼吸⇒リラックス(α波)⇒瞑想⇒心を無にする(θ波)⇒イメトレ

という順番で、やるのです。
まずあなたに知ってほしいのが、

『脳はリアルとイメージの区別が出来ない』

ということです。


例えば、あなたが映画館に「永遠の0」を見に行ったとします。
そこであなたは、感動のヒューマンドラマに
涙してしまうわけです。

でもそれは、現実に起こっていることではありません。
スクリーンの中で起こっていることを“ホンモノ”だと
勘違いして、それで泣いてしまうんです。

岡田准一にも会ってないし、
井上真央が目の前にいるわけではありません。

あくまでもイメージの「仮想現実」です。


そう、
脳はイメージしたらそれは
自分のリアル(現実の世界)として考えてしまうのです。

そして、
人は行動するまえに必ずイメージしていますよね。
(ex,服とか買うときにこの服わたしに似合うかなぁ〜??)

〓行動の原点は自分のイメージなのです〓

だから、瞑想してイメトレし、
強く想像することで行動レベルに置き換わり
それが現実になります。

スポーツ選手がイメトレをする意味はそういうことです。

(ただ、調子こいてルンルン気分で瞑想していると
よく電車を4駅ぐらい乗り過ごしますので注意してください...^^;)


---------------------------------------
>2、音声を聞くor読書
---------------------------------------

個人的にあまり読書はしませんので、
(はじめのうちはいいと思います^^)
僕自身はよくメンターの音声などを聞いています。

セミナーでコッソリ録音したやつとか、
コンサルの音声とか、音声教材を
繰り返し聞いたりして、
“脳”にすりすり刷り込みまくります。

そうすると、
音声はミラーニューロンの影響も受けるので、
話し方もうまくなったり、
コピーライティングのスキルが自然に身に付いていたりします。

意外に起業家ひとって、
例えばウォーキングする一時間を使って、
オーディオ教材を聞いて勉強したりしています。

空いた時間の使い方がかなりうまいです。

そして話す内容を聞いてると、相手の脳がマル見えになるので、
冗談ぬきで、一石八鳥ぐらいの効果があります。

(Re:ミラーニューロン=人間に備わっている
モノマネ細胞のこと。無意識で自分の身の回りのモノや人を
細胞レベルでコピーしてしまう。)


----------------------------
>3、ラダリング
----------------------------

「ラッキー!席めっちゃ空いてるじゃん!」

となりに運良くだれもいなかったりすると、

愛用のかばんから、
100均のキャンパスノートと
近所のコンビ二で手に入れた0,7mmボールペンを
取り出し、かっこつけて足を組みポジションを決めます。

そして、テーマを決めて、
『なぜ?×6回』を書き出す作業(ラダリング)をやります。

例えば、
『なぜ、目の前のおじさんはハゲているのか??』
         ↓
     「仕事のストレス」
         ↓
 「職場の人間関係がうまくいかない」
         ↓
  「グチ、悪口がとびかっている。」
         ↓
「相手の考え方、価値観を受け入れられないから。」
         ↓
「根本に、人間は自分が世界で一番正しいと思う“欲”がある。」
         ↓
「むかしは生存競争の世界で、いつ殺されるか分からない世界。
    だから自分しか信じられなかった。」
 
        


てな感じで、

本来はもっと枝を増やして考えますが、
ハゲたおじさん一つで、
ここまで本質が見えてきます。

「動物的本能で、しかたない部分はあるけれど、
相手の考えや価値観を受け入れなかったら、ハゲた(笑)」

が、ひとつのこたえだと分かりますよね♪
(あくまでも、一例ですが....)

これを考える癖がつくと、
《物事の本質》がどんどん見えてくるようになります。

それが結局、アイデアが出る脳に進化していく、
最短ルートだったりします。



ぜひ、電車の中の時間つかってやってみてください!

「ちりも積もればチョモランマです。」



不破 弘貴


0 件のコメント:

コメントを投稿