2014年3月21日金曜日

「感謝」から生じるダークサイドとは...

不破です、

最近まわりの人を見ていて、
かなり不思議に思うことがあります。

「すごく感謝している人!」
「すごくいろいろやってくれる人!」
「すごく愛情深い人!」

「感謝」を忘れていない、そんな人に限って、
“何故かモチベーションが下がってしまい上手くいかない”という事実です。

でも一方で、
●感謝すると、ささいな幸せに気づける。
●感謝すると、自然と自分のことを考える時間が増える。
●感謝すると、なぜか運が良くなる。...etc

「感謝」の大切さは、誰もが知っているはずです。

たぶん、両親からも、おじいちゃんおばあちゃんからも
学校の先生からも、「ありがとう」って大事だよ!
と教わってきたと思います。

”引き寄せの法則”も、”奇跡の出来事”も、”九死に一生スペシャル”も
「感謝」がなかったら、絶対におこらないと思います。

だけど、、
どんなにいい人でも《負の側面》があるように、
”どんなにいい言葉や素晴らしい愛にも《マイナスな部分》はある”

あんまり信じたくないけど、そういうルールが地球には存在しているんですよね。。

「えっ??..」
「そんな...本当ですか??...」

怖い気持ちは分かりますが、
これを乗り越えなければ自分をコントロールすることは
出来ません。

では、落ち着いて耳を傾けてもらえればと思います...

______________________________

1、感謝は「依存」に変わるということ。
______________________________

これがすごくいい人で、
感謝している人が陥ってしまうワナです。

「ほんと、あの人に恩返ししたいんだよね...」

「いつもいつも本当にありがとうございます....」

という人に限って依存心って、
どんどんふくれあがっていったりします。

僕自身、よく神社に行くのですが、
通い始めた当初は、何かわからないけど、
ダラダラすることが多くなったのはこれが原因でした!

なにか「奇跡」が起こることを期待しているという
思いこみがあったんだと思います。

他には、自分のコンサル生でも、セミナー参加者の方でも、
こちらが気づかせてあげないと、何でもかんでも手取り足取り
聞いてくることがあります。

「これどうすればいいんですか??...」

「その次はどうするんですか??...」

素直に聞くのはいいことなんですけど、(うんうん!)
言われてロボットみたいにやってる間は
やっぱり、成長しないわけです。

実は、
「ありがとうございます。」の裏返しってなにかって言うと、
その人に対して、

「お願いします。頼むからチャンスを下さい!...」

「何か救いの手を差し伸べてください!...」

の意味が、心の奥底に入っていたりします。
だからこそ、自分が何もしなくなってしまうんですね。。

よく「おれは独立したいんだ!!!」「夢を叶えたいーー!」と言って、
付き合う人を変えられない人がいますが、
その友達やお世話になっている人に「感謝」しているために、
依存してしまって、結局のところ周りの人が変わっていかないんです。
(友達を捨てろと言ってるという意味ではありません...)

でも周りの人を変えないと、自分も変われないのは「事実」です。。

___________________________

2、隠された「不安」に気づくこと。
___________________________

じゃあ次にどうすればいいかというと、
「依存」という感情は、
たいてい「不安」という感情から来ているということを知らなければなりません。

「安心したい....」
 この欲求が無意識に依存の方向に向かうのです。

だからこそ、自分が依存していることに
気づかなければならないのです。

わかりやすく言えば、
映画館に行って、ホラー映画を見ているときに、
スクリーン上に100%集中していて、
座っているシートの感覚を完全に忘れてしまっている....

そんな感じです。

恐怖をもって「不安」を抱えると、
簡単に人間って、感覚とかふっ飛んじゃうんですよね(笑)

いいですか?

自分が「依存していること」に気づくためには、
まず一歩離れて自分を外から見ること。

それが将来、自分をコントロールしていく力につながっていきます。



★あなたの隠された「不安」を解消する4STEP

========
●STEP1
========
 今の人間関係の不安を何でもいいので書き出してください。
複数でもおっけーです。

ex)周りの人を変えないと成長出来ないのは
分かっているけれど、そんな自分勝手な行動を取ったら、
友達を失くすんじゃないか?

========
STEP
========
Step1で書いた不安が作られた、過去のきっかけ(行動)は??

ex)小学4年生のとき、友達に本音を言ったら
反感を買い、嫌われてグループから外された。

========
STEP
========
Step2で書き出した過去のきっかけ(行動)について、
その当時、どうしてそのような行動をとったのか??

ex)嘘をついてはいけないと、学校の先生にも親にも言われて
いたから、その通りにやってみたから。

========
STEP
========
逆にStep3の行動をしたことによって、今の役に立っていることは??

ex)本音を言うときと、建前を言うときとの区別がついて
相手の感情が鋭く読めるようになった。

.................

こうやってやると、

「自分の不安はどこから来ているのか??」
「不安を作ってることでも、いいこともあるんじゃんっ!!!」

とか深い部分で、いろいろ気づけたんじゃないかと思います。


ワークをやってみた方は分かったかもしれませんが、
結局のところ、
陰と陽、凹と凸、裏と表、光と陰。
マイナスな面とプラスな面。

それぞれが一体になったとき
初めてひとつのモノとなるのです。

コインでも裏と表がなかったら、絶対に存在しませんよね。

これに気づけたら、「不安」は消えて、
感謝からの依存にまどわされなくなりますよ。

是非、ワークやって日々の習慣にしてみてください!

ではまた〜!


不破 弘貴

0 件のコメント:

コメントを投稿