2014年3月4日火曜日

「悩み」にも消費期限がある??....


不破です、




「一年前のことなんかおぼえてるか〜...」
「昨日の夕飯ですら忘れたわい!...」

という人、ほんとにラッキーでしたね(笑)

そう、
この動画でもお話したように、

人は身を守るために「不安」という感情を作り出し、
「悩み」というストレスから解放されるために忘れるのです。

かなりややこしいことになっていますが、
それこそが人間がこんなに長い歴史を
生き抜いてきたDNAなのです。

そう思ったら、おばあちゃんとかになったら

「物忘れはげしくて悩まなくていいな〜」
「早く老後の生活に!」

と願っちゃう人もいるかもしれませんね(笑)


.......


ところでこんな疑問わいてこないでしょうか??

「不破さん、悩みはなくなるのは分かったんですけど、
もっと早く悩みを解く方法ないんですか??」

っていう質問。


・・・”答え”あります^^!


そもそも、
「悩み」って、妄想でつくりあげられているから、
見えないものをわざわざ見ているだけなんですよね。

人間はかなりおバカです。


だからこの答えは2つ。

悩みを早く解くには、


1、見えるようにする。(錯覚だとわかるようにする)

2、見なーい。(そこから離れる)



================
1、見えるようにする。
================

●紙に書く(なんで悩んでいるのか深堀りして書く。)
●人に言う(楽しく話す。)

人は、見えないものが恐怖に感じる(お化けにみたいに)クセが
あるので、1つは紙に書いてしまう事です。

もうひとつは、人に言うとそれもまた、
他人に投影されて何ともないように思えます。

本当に不思議なんですが、
こうやって紙に書いたり、
人に言ってたりすると、

その間に、
「あ、わたしって何でこんなことで悩んでたんだろう。。」
て気づく瞬間がきます。

ポイントは、自分が悩んでいた深い部分に気づくことです。
(詳しくは、また別の記事でお話しますね)


================
2、見なーい。
================

●環境を変える

悩んでいるときに一番いけないのが、
うだうだ自分の部屋にこもって
一人で悩むことです。

ずっと妄想の世界を見てしまうから
現実はいつまでたっても仮想の世界のままです。

外に出掛けたりとか、運動したりとかして
周りの景色を替えて、忘れさりましょう。

.....



おけーですか??笑


あなた自身がビジネスをやると絶対、
悩みって出てきます。

そのときに、いかにして自己管理できる自分になれるか。


孫正義とかが会社が赤字になったときに、
「うわ〜ん。。出来ないよ〜〜。。。」
「ママぁ〜〜`」

とか絶対言わないですよね(笑)

いきなり克服は出来ないかもしれないですが、
ちょっとずつやっていけば必ずコツつかんでけます。

出来ます!
がんばです!


不破 弘貴



0 件のコメント:

コメントを投稿